0720tree-832079_1280
本物の誠実さというのは、それがどこであっても伝わるものであり、あらゆる交流においてその極印がつけられるのです。

人が完全で強くなるためには、誠実さが存在全体を包み込み、人生のあらゆる細部にまで至るようにさせなければならず、その誠実さは、すべての誘惑が退いてしまうまで抵抗できるほどに徹底していて持続性のあるものでなければなりません。ひとつのことで誠実さを損なうのは、すべてにおいて誠実さを損なうことであり、ストレス下でそれがどれだけやむを得ず些細なことのように思えても、偽りへの屈服を認めることは、誠実さの盾を投げ捨てて、悪の激しい攻撃の前にむき出しで立つことなのです。

雇い主がいない時でも、その目がある時と同じように慎重に実直に働く人は、長い間低い地位のままでいることはありません。務めや仕事の細部の実行におけるそのような誠実さは、繁栄の肥沃な領域へとその人を素早く導きます。

誠実な人は、不変的な事象の法則と調和しています。その人は、絶えることのない泉から水が注がれる根を持ち、どんな嵐でも倒すことのできない、たくましい木のような存在なのです。


Sterling integrity tells wherever it is, and stamps its hall-mark on all transactions.

To be complete and strong, integrity must embrace the whole man, and extend to all the details of his life ; and it must be so thorough and permanent as to withstand all temptations to swerve into compromise. To fail in one point is to fail in all, and to admit, under stress, a compromise with falsehood, howsoever necessary and insignificant it may appear, is to throw down the shield of integrity, and to stand exposed to the onslaughts of evil.

The man who works as carefully and conscientiously when his employer is away as when his eye is on him, will not long remain in an inferior position. Such integrity in duty, in performing the details of his work, will quickly lead him into the fertile regions of prosperity

The man of integrity is in line with the fixed law of things. He is like a strong tree whose roots are fed by perennial springs, and which no tempest can lay low.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月20日