0719parag-bhagat-wG7T1kFOlOY-unsplash
繁栄への安い取り引きなどありません。

バブルが持続できないように、不正を行う人が繁栄することもできません。不正を行う人は熱に浮かされた勢いで金集めをしてから失敗するのです。不正によって得られたもの、得られうるものなど何もありません。それは一時的に奪い取られたものに過ぎず、重い利子とともにまた返却されるものなのです。しかしながら、不正行為はあくどい詐欺師に限ったものではありません。自分がそれを認識していようがいまいが、同等の価値を渡さずに金銭を得ていたり得ようとする人はみな、不正を行っているのです。働かずにお金を得る方法をせこせこ画策している人々は不正者であり、精神的には泥棒や詐欺師により近しい同類です。彼らは遅かれ早かれ泥棒や詐欺師に影響されるようになり、資産を奪われてしまいます。

繁栄は、理にかなった労働だけでなく、道徳の力をもって得られなければなりません。


There is no striking a cheap bargain with prosperity.

As the bubble cannot endure, so the fraud cannot prosper. He makes a feverish spurt in the acquirement of money, and then collapses. Nothing is ever gained, ever can be gained, by fraud. It is but wrested for a time, to be again returned with heavy interest. But fraud is not confined to the unscrupulous swindler. All who are getting, or trying to get, money without giving an equivalent are practising fraud, whether they know it or not. Men who are anxiously scheming how to get money without working for it are frauds, and mentally they are closely allied to the thief and swindler under whose influence they come, sooner or later, and who deprives them of their capital.

Prosperity must be purchased, not only with intelligent labour, but with moral force.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月19日