0718susan-q-yin-Ctaj_HCqW84-unsplash
知恵は、最高の技能の形です。

どんな些細なことであっても、あらゆることには一つの正しいやり方と、一千通りもの間違ったやり方があります。技能とは、その一つの正しいやり方を即座に見極め、それを固守することにあります。無能な人々は、千の間違ったやり方の中で途方に暮れてしくじり、正しいやり方を示されても、それを取り入れることはありません。彼らは己の無知から自分たちが一番わかっていると考えているため、たとえ窓の拭き方や床の掃き方のようなことであっても、何かを習得することが不可能な立場に自分たちを置いてしまっているのです。軽率な人や無能な人はありふれていて、この世界には思慮深くて有能な人々のための場所がふんだんにあります。雇用者は、最高の腕前の労働者を獲得するのがどれだけ困難かがわかっています。道具を使うにせよ頭脳を使うにせよ、演説をするにせよ思考するにせよ、優れた労働者は、いつでもその技能を用いる場所を見つけるのです。

技能は思慮深さと注意力によって体得されます。


Wisdom is the highest form of skill.

There is one right way of doing everything, even the smallest, and a thousand wrong ways. Skill consists in finding the one right way, and adhering to it. The inefficient bungle confusedly about among the thousand wrong ways, and do not adopt the right one when it is pointed out to them. They do this in some cases because they think, in their ignorance, that they know best, thereby placing themselves in a position where it becomes impossible to learn, even though it be only to learn how to clean a window or sweep a floor. Thoughtlessness and inefficiency are all too common. There is plenty of room in the world for thoughtful and efficient people. Employers of labour know how difficult it is to get the best workmanship. The good workman, whether with tools or brains, whether with speech or thought, will always find a place for the exercise of his skill.

技能は思慮深さと注意力によって体得しえます。
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月18日