0716teo-sticea-3XNPZH1tfvw-unsplash
過剰に着飾る贅沢へとつながる虚栄心は、道徳的な人々が慎重に避けるべき悪習です。

衣服や装飾品で自己顕示欲を誇示することは、下品で空っぽなマインドの表れです。慎みと教養のある人々は、質素で自分にふさわしい服を着て、余ったお金は自身の教養や美徳をさらに高めるために賢く使います。その人たちにとっては、無駄で空虚な衣服よりも教育や成長の方が大切なのであり、だからこそ、文学や芸術、科学が促進されるのです。真の洗練はマインドと振る舞いに宿るのであり、肉体を派手に見せびらかすことは、美徳と知性を備えたマインドにとって(魅力を減じてしまうことはあったとしても)付け足せる魅力など何もありません。

他の事柄と同様に、服装も質素が一番です。


Vanity leading to excessive luxury in clothing is a vice which should be studiously avoided by virtuous people.

An obtrusive display in clothing and jewellery bespeaks a vulgar and empty mind. Modest and cultured people are modest and becoming in their dress, and their spare money is wisely used in further enhancing their culture and virtue. Education and progress are of more importance to them than needless, vain apparel ; and literature, art, and science are encouraged thereby. A true refinement is in the mind and behaviour, and a mind adorned with virtue and intelligence cannot add to its attractiveness (though it may detract from it) by an ostentatious display of the body.

Simplicity in dress, as in other things, is the best.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月16日