0715candlestick-448728_1280
浪費家は決して裕福になれませんが、もし生まれが裕福であるならば、すぐに貧しくなるはずです。

貧しい人が裕福になろうとするなら底辺から始めなければならず、自身の財力では到底及ばない何者かになろうとして、裕福に見せようと欲したり試みたりするべきではありません。底辺には常に十分な場所と機会があり、そこより下は何もなく、すべてが上にあるので、物事を始めるには安全な場所なのです。多くの若い実業家は、成功するのに必要だという愚かな想像から他でもない自分自身を欺き、急速に破滅へと導く自慢や誇示によってあっという間に失敗してしまいます。どの分野であっても、慎ましく相応に始めることは、立場や重要性を誇張して喧伝することよりも成功を確かなものにするのです。

倹約と慎みは、裕福に至る方法です。


The spendthrift can never become rich, but, if he begin with riches, must soon become poor.

The poor man who is to become rich must begin at the bottom, and must not wish, or try, to appear affluent by attempting something far beyond his means. There is always plenty of room and scope at the bottom, and it is a safe place from which to begin, as there is nothing below, and everything above. Many a young business man comes at once to grief by swagger and display, which he foolishly imagines are necessary to success, but which, deceiving no one but himself, lead quickly to ruin. A modest and true beginning, in any sphere, will better ensure success than an exaggerated advertisement of one’s standing and importance.

The thrifty and prudent are on the way to riches.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月15日