0714houses-1602020_1280
活力は、繁栄の寺院における最初の柱です。

無気力からくる死んだような静かさとは異なる冷静さは、活力の集中の極みです。その背後には、明晰な思考をする精神状態があります。動揺と興奮は精神状態を乱し、責任能力がなく、なんの力も重みもないものにしてしまいます。小うるさくて気難しく、いらいらした人には影響力が一切ありません。そのような人は、引き寄せるのではなく、はねのけてしまいます。その人は不思議に思うのですーー自分は常に急いでいて、心配していて、問題を抱えている(その人はこれを努力していると言い間違えています)のに、どうして"気楽にやっている"隣人は成功していて人気者なのだろう……と。隣人はその人よりも冷静な人なのであって、その人よりも気楽にしているのではなくて慎重なのであり、より多くの仕事をこなし、より手際が良く、落ち着いていて立派なのです。これが隣人の成功と影響力の理由です。別の人が自分の活力を分散させて浪費している一方で、その隣人は自分の活力を制御して活用しているのです。

活力がないということは、能力がないということです。


Energy is the first pillar in the temple of prosperity.

Calmness, as distinguished from the dead placidity of languor, is the acme of concentrated energy. There is a focused mentality behind it. In agitation and excitement the mentality is dispersed. It is irresponsible, and is without force or weight. The fussy, peevish, irritable man has no influence. He repels, not attracts. He wonders why his "easy-going" neighbour succeeds, and is sought after, while he, who is always hurrying, worrying, and troubling (he miscalls it striving), fails, and is avoided. His neighbour, being a calmer man, not more easygoing but more deliberate, gets through more work, does it more skillfully, and is more self-possessed and manly. This is the reason of his success and influence. His energy is controlled and used, while the other man’s energy is dispersed and abused.

No energy means no capacity.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月14日