0713logs-1842267_1280
騒がしさは力であるというのは、大きな思い違いです。

冷静さがあるところに、大きな力があります。冷静さは、強く、よく鍛えられ、地道に訓練されたマインドの確かなしるしです。冷静な人は己の本分をわきまえていて、よくわかっています。言葉数は少なくとも、その人の言いたいことは確実に伝わります。その人の計画はよく練られていて、しっかり調整された機械のように厳密に作動します。その人は遠い先を見据え、己の目標に向かって真っ直ぐです。その人は敵や試練を友に変え、自分に役立つようにしてしまいますーーなぜならその人は、己の道を進みながら、不利な状況をくみする方法を、しっかりと学んでいるからです。その人は、まるで賢明な戦術家のように、あらゆる緊急事態を予測して先取りしていますーーそうです、その人は事前準備が整っているのです。瞑想の中で、自己の判断を内省する中で、その人は原因の数々を参照し、あらゆる偶発的な出来事の可能性を捉えているのです。その人は決して不意を突かれることはなく、決して急がず、自分自身の不動を安全に保ち、己の立場が明確です。

働く気勢は耳に入りません。逃げる気勢が大きな騒音を立てるのです。


It is a great delusion that noise means power.

Where calmness is, there is the greatest power. Calmness is the sure indication of a strong, well-trained, patiently disciplined mind. The calm man knows his business, be sure of it. His words are few, but they tell. His schemes are well planned, and they work true, like a well-balanced machine. He sees a long way ahead, and makes straight for his object. The enemy, Difficulty, he converts into a friend, and makes profitable use of him, for he has studied well how to " agree with his adversary while he is in the way with him." Like a wise general, he has anticipated all emergencies. Indeed, he is the man who is prepared beforehand. In his meditations, in the counsels of his judgment, he has conferred with causes, and has caught the bent of all contingencies. He is never taken by surprise; is never in a hurry; is safe in the keeping of his own steadfastness ; and is sure of his ground.

Working steam is not heard. It is the escaping steam which makes a great noise.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月13日