0712mill-1745186_1280
活力を生産的なものにするには、良い結果に向けてそれを活用するだけでなく、注意深く制御して、大切に使わなければなりません。

「目をさましていよう*1」ーーこれは、偉大な教師の一人が弟子に与えた助言です。この簡潔な言葉は、人が目標を達成するには精力的な活力が必要だということを表現していて、聖人にとってだけでなく、商売人にとっても等しく当てはまります。「永遠の警戒は自由の代償である*2」ーーそして自由とは、人にとって確固たる結末への到達なのです。「なすべきならばそれをなせ 堅固にそれに邁進すべし*3」ーーこれも偉大な教師による言葉です。この助言の知恵は、行動は創造力であること、適切に使われることで力は増大し発達することを思い出すことで、明らかになります。さらなる力を得るには、今もてるすべての活力を使うことです。課された仕事に邁進する人のところへのみ、力と自由はやってくるのです。

騒がしさと性急さは、非常に多くの活力を浪費してしまいます。


Energy to be productive must not only be directed towards good ends, it must be carefully controlled and conserved.

The advice of one of the Great Teachers to his disciples, "Keep wide awake," tersely expresses the necessity for tireless energy if one’s purpose is to be accomplished, and is equally good advice to the salesman as to the saint. "Eternal vigilance is the price of liberty," and liberty is the reaching of one’s fixed ends. It was the same Teacher who said: "If anything is to be done, let a man do it at once; let him attack it vigorously!" The wisdom of this advice is seen when it is remembered that action is creative, that increase and development follow upon legitimate use. To get more energy we must use to the full that which we already possess. Only to him that puts his hand vigorously to some task do power and freedom come.

Noise and hurry are so much energy running to waste.
*1新約聖書 テサロニケの信徒への手紙 5章6節より
*2トーマス・ジェファーソン
*3『法句経(ダンマパダ)』 第22章313より 片山一良訳


『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月12日