Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

365日 毎日の瞑想

1018heart-693427_1280
内面の神聖なる中心を見つけてください。

物事のうわべや影、幻では満足しないと決意している人は、その固い決意が突き刺す光で儚い空想をことごとく追い払い、人生の実体と現実の中に入ります。その人は生き方を習得し、生きるでしょう。その人は、どんな激情の奴隷にもならず、どんな見解にも仕えず、どんなたわいもない失策の支持者になることもないでしょう。己のハートの内側に「神聖なる中心」を見つけることで、その人は清らかで、穏やかで、強靭で、賢くなり、その人自身であるところの、その人が生きる「神々しい生」の輝きを絶え間なく放射するでしょう。

あなたの内側には、不変であり時間や死に抗うものがあるということを知らないのは、何も知らず「時間の鏡」に映し出された実体のないものと無駄に戯れているのと同じです。


Find the Divine center within.

Clothing his soul with the colorless Garment of Humility, a man bends all his energies to the uprooting of those opinions which he has hitherto loved and cherished. He now learns to He who resolves that he will not rest satisfied with appearances, shadows, illusions shall, by the piercing light of that resolve, disperse every fleeting phantasy, and shall enter into the substance and reality of life. He shall learn how to live, and he shall live. He shall be the slave of no passion, the servant of no opinion, the votary of no fond error. Finding the Divine Center within his own heart, he shall be pure and calm and strong and wise, and will ceaselessly radiate the Heavenly Life in which he lives—which is himself.

Not to know that within you that is changeless and defiant of time and death, is not to know anything, but is to play vainly with unsubstantial reflections in the Mirror of Time.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1017ec_shoes_autumn
価値のつけられないスピリチュアルな洞察力を身につけてください。

色のついていない「謙遜の衣」で魂を包み、これまで愛し育んできた見解というものを根絶やしにすることに全精力を傾けるとき、人は、唯一無二で不変な「真実」と、多様で変わりやすい自身や他者による「真実についての見解」の違いを見分けることを学びます。すると人は、「善性」「清浄」「慈悲」「愛」についての自身の見解は、それぞれの性質そのものとはまったく異なること、さらには自身の見解ではなくその神聖なる「原則」に立たなければならないことを理解するのです。これまでは自身の見解に大きな価値を置いていた人が、それを持ち上げることや他者の見解に対して防御することを止め、それらをもはや価値のないものと見做すようになります。

「清浄」「知恵」「慈悲」「愛」の神聖なる「原則」に立ってください。


Acquire the priceless possession of spiritual discernment.

Clothing his soul with the colorless Garment of Humility, a man bends all his energies to the uprooting of those opinions which he has hitherto loved and cherished. He now learns to distinguish between Truth, which is one and unchangeable, and his own and others’ opinions about Truth, which are many and changeable. He sees that his opinions about Goodness, Purity, Compassion, and Love, are very distinct from those qualities themselves, and that he must stand upon those divine Principles, and not on his own opinions. Hitherto he has regarded his own opinions as of great value, but now he ceases so to elevate his own opinions, and to defend them against those of others, and comes to regard them as utterly worthless.

Stand upon the divine Principles of Purity, Wisdom, Compassion, and Love.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1016night-4553325_1280
己に打ち勝つことにマインドを固定している人には、今日の損失は明日の利益に追加されます。

だから人には、周りの友人たちの悪口も、やかましく騒ぐ内面の敵も気に留めず勇敢に進み続けさせましょうーー求め、探し、目指させましょうーー聖なる愛をたたえた瞳を己の「理想」に向け、利己的な動機をマインドから、汚れた欲望をハートから取り除かせましょうーー時にはつまずき、時には転びながら、それでも前へ進み、高みへと昇っていかせましょうーーそして毎晩、ハートの静寂の中で、その日の行程を記録させるのですーーどのような失敗や転落があっても日々それを嘆くのではなく、結果が敗北だったとしても聖なる戦いの記録を、不達成だったとしても静かな勝利をおさめようとしたことを記録させましょう。

真実と偽り、影と実態の違いを見分けられるようになりましょう。


The loss of today will add to the gain of tomorrow for him whose mind is set on the conquest of self.

Let a man, therefore, press on courageously, heeding neither the revilings of his friends without, nor the clamoring of his enemies within; aspiring, searching, striving; looking ever towards his Ideal with eyes of holy love; day by day ridding his mind of selfish motive, his heart of impure desire; stumbling sometimes, sometimes falling, but ever traveling onward and rising higher; and recording each night in the silence of his own heart the journey of the day, let him not despair if but each day, in spite of all its failures and falls, records some holy battle fought, though lost, some silent victory attempted, though unachieved.

Learn to distinguish between the real and the unreal, the shadow and the substance.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1015goal-3898383_1280
心は、スピリチュアルな事柄について瞑想することで強化され回復します。

人は、3つの「放棄の門」を通り抜けなければなりません。第一の門は「欲望の放棄」であり、第二の門は「見解の放棄」であり、第三の門は「自己の放棄」です。瞑想に入ることで、人は己の欲望を点検し始めます。マインドの中で己の欲望を描き出し、人生や己の性格に与える影響を突き止めていくのです。すると人は間もなく、欲望の放棄なくしては、自己と周囲と状況の奴隷のままであることを認識するようになります。この発見をすることで、第一の門である「欲望の放棄」を通り抜けます。この門を抜けると、人は魂の浄化の最初の段階である自己鍛錬の過程に取り組むようになるのです。

信仰の灯火は照らされ続け、地道に整えられる必要があります。


The spirit is strengthened and renewed by meditation upon spiritual things.

A man must pass through three Gateways of Surrender. The first is the Surrender of Desire; the second is the Surrender of Opinion; the third is the Surrender of Self. Entering into meditation, he will commence to examine his desires, tracing them out in his mind, and following up their effects in his life and upon his character; and he will quickly perceive that, without the renunciation of desire, a man remains a slave both to himself and to his surroundings and circumstances. Having discovered this, the first Gate, that of the Surrender of Desire is entered. Passing through this Gate, he adopts a process of self-discipline which is the first step in the purification of the soul.

The lamp of faith must be continually fed and assiduously trimmed.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1014pedestrians-1209316_1280
悪とあらゆる苦しみの根源である利己心は、無知という暗い土壌から糧を得ています。

富める人も貧しき人も己の利己心に苦しむのであり、誰も逃れられません。富める人には富めるなりの苦しみがあり、貧しき人には貧しきなりの苦しみがあります。おまけに、富める人は絶えず富を失い、貧しき人は絶えず貧しさを得ているのです。今日の貧しき人は明日の富める人であり、逆もまた然りです。恐れもまた、大きな影のように人に付きまといます。利己的な力で獲得し手放そうとしない人は、常に不安な感覚に襲われ、絶えず失うことを恐れることになります。一方、利己心から物質的な富を求め、むやみに欲しがる貧しき人は、貧困の恐怖に悩まされることになります。そしてこのような戦いに明け暮れる暗黒の世界に住む人はひとり残らず、ある大きな恐れーー死の恐怖の影に覆われているのです。

人はそれぞれ、己の利己心のために苦しむのです。


Selfishness, the root of the tree of evil and of all suffering, derives its nourishment from the dark soil of ignorance.

The rich and the poor alike suffer for their own selfishness; and none escape. The rich have their particular sufferings as well as the poor. Moreover, the rich are continually losing their riches; the poor are continually acquiring them. The poor man of today is the rich man of tomorrow, and vice versa. Fear, also, follows men like a great shadow, for the man who obtains and holds by selfish force will always be haunted by a feeling of insecurity, and will continually fear its loss; whilst the poor man, who is selfishly seeking or coveting material riches, will be harassed by the fear of destitution. And one and all who live in this underworld of strife are overshadowed by one great fear—the fear of death.

Each individual suffers by virtue of his own selfishness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ