Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

365日 毎日の瞑想

0829spiral-1081904_1280
力の要因のすべては、弱さの要因のすべてと同様に、内面に存在しています。

宇宙全体に浸透する「偉大なる法則」への完全な理解は、服従と呼ばれるマインドの状態を獲得することにつながります。正義、調和、そして愛が宇宙の至高なのだと理解することは、不運や苦しい状態はすべて、その法則に対する自分自身の不服従の結果なのだと理解するのと同じなのです。このような知識は強さや力につながり、この知識の上にしか、真実の人生や永続する成功と幸福を築くことはできません。あらゆる状況において忍耐強くあり、あらゆる状況を己の修行に必要なこととして受け入れることは、苦しい状況のすべてから立ち直り、それらを二度と経験する恐れのない確かな克服をもって乗り越えることですーーなぜなら、法則への服従という力が、苦しい状況を完全に討ち果たしてしまうからです。

内面の発達を伴わない進歩はあり得ません。


The cause of all power, as of all weakness, is within.

A thorough understanding of this Great Law which permeates the universe leads to the acquirement of that state of mind known as obedience. To know that justice, harmony, and love are supreme in the universe is likewise to know that all adverse and painful conditions are the result of our own disobedience to that Law. Such knowledge leads to strength and power, and it is upon such knowledge alone that a true life and an enduring success and happiness can be built. To be patient under all circumstances, and to accept all circumstances as necessary factors in your training, is to rise superior to all painful conditions, and to overcome them with an overcoming which is sure, and which leaves no fear of their return, for by the power of obedience to law they are utterly slain.

There is no progress apart from unfoldment within.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年8月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0828nasca-1089342_1280
聖なる存在は誰もがみな人類の救世主なのです。

間違いと自己の曲がりくねった道で迷ってしまった人々は、聖なる状態、「真実」の状態、「天来の起源」を忘れてしまったのです。人々は、互いを批判し合う人為的な基準を作り、「真実」の試練という自分たち独自の神学体系を受け入れ固執しています。そうして人々は敵と味方に分断され、そこには絶え間ない対立と争い、終わることのない悲しみと苦しみがあるのです。

読者諸君よ、「真実」の中に生まれることを望みますか? 方法は、己を死なせることただ一つしかありません。これまでしつこく執着してきた強い欲望や肉欲、欲求、意見、狭い考え、偏見のすべてがあなたから剥がれ落ちるようにしてください。これ以上それらに捕らわれず、「真実」をあなたのものにしてください。あなたの宗教が他のどの宗教よりも優れていると思うのはやめて、博愛についての至高の学びを得ることに謙虚に励んでください。

この世界に存在しながらも世界に属しないことが、至高の完全性です。


Every holy man is a saviour of mankind.

When men, lost in the devious ways of error and self, have forgotten the "heavenly birth", the state of holiness and Truth, they set up artificial standards by which to judge one another, and make acceptance of, and adherence to, their own particular theology the test of Truth; and so men are divided one against another, and there is ceaseless enmity and strife, and unending sorrow and suffering.

Reader, do you seek to realize the birth into Truth ? There is only one way: Let self die. All those lusts, appetites, desires, opinions, limited conceptions, and prejudices to which you have hitherto so tenaciously clung, let them fall from you. Let them no longer hold you in bondage, and Truth will be yours. Cease to look upon your own religion as superior to all others, and strive humbly to learn the supreme lesson of charity.

To be in the world and yet not of the world is the highest perfection.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年8月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0827StockSnap_H1KSJ04BVD
「真実」を愛する人々は、自己犠牲をもって信奉します。

あなたは「真実」を知り、「真実」に目覚めることを求めますか? そうであるなら、あなたは犠牲を払い、極限の放棄をする覚悟がなければなりませんーーなぜなら栄光の極みにある「真実」は、自己の最後の痕跡が消えたときに初めて知覚し知ることができるからです。

永遠なるキリストは、弟子になろうとする人々にこう宣告しましたーー己を捨てなさい*。あなたは喜んで自分自身を否定し、己の強い欲望や偏見、意見を手放しますか? もしそうであるなら、あなたは「真実」の狭き道に足を踏み入れ、世界からはさえぎられている平和を見つけるでしょう。自己の絶対的な否定と完全なる消滅が「真実」の完璧な状態であり、すべての宗教と哲学は、この終局の達成に至るための数多の助けでしかないのです。

自己を死なせれば、あなたは「真実」の中に生まれ変わるでしょう。


The lovers of Truth worship Truth with the sacrifice of self.

Do you seek to know and to realize Truth? Then you must be prepared to sacrifice, to renounce to the uttermost, for Truth in all its glory can only be perceived and known when the last vestige of self has disappeared.

The eternal Christ declared that he who would be His disciple must " deny himself daily." Are you willing to deny yourself, to give up your lusts, your prejudices, your opinions? If so, you may enter the narrow way of Truth, and find that peace from which the world is shut out. The absolute denial, the utter extinction of self is the perfect state of Truth, and all religions and philosophies are but so many aids to this supreme attainment.

As you let self die, you will be reborn in Truth.
*新約聖書マタイによる福音書16章24節
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0826pexels-jeshootscom-1040157
自己があるところに「真実」はなく、「真実」があるところに自己はありません。

人間の魂の戦場では、二人の支配者が常に覇権の座を、ハートの王権と支配権をめぐって戦っています。それは「この世界の王」とも呼ばれる自己の支配者と、「父なる神」とも呼ばれる「真実」の支配者です。自己の支配者は反逆者で、武器は激情、傲慢、強欲、虚栄心、身勝手、そして悪の実行です。「真実」の支配者は柔和で腰が低く、武器は優しさ、忍耐、清らかさ、犠牲、謙遜、愛、そして光の媒介です。

一人一人の魂の内でこの戦いは行われていて、一人の兵士が対立する軍隊に同時に参加できないように、それぞれのハートは自己か「真実」どちらかの陣営に属しています。どちらにも半々で参加する方法はありません。キリストの現れイエスはこう宣告しましたーーだれも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない*

あなたが自己の目を通して外を見ている間は、「真実」の美しさを認識することはできません。


Where self is, Truth is not; where Truth is, self is not.

Upon the battlefield of the human soul two masters are ever contending for the crown of supremacy, for the kingship and dominion of the heart; the master of self, called also the "Prince of this world," and the master of Truth, called also the Father God. The master self is that rebellious one whose weapons are passion, pride, avarice, vanity, self-will, implements of darkness; the master Truth is that meek and lowly one whose weapons are gentleness, patience, purity, sacrifice, humility, love, instruments of Light.

In every soul the battle is waged, and as a soldier cannot engage at once in two opposing armies, so every heart is enlisted either in the ranks of self or of Truth. There is no half-and-half course. Jesus, the manifested Christ, declared that "No man can serve two masters; for either he will hate the one and love the other; or else he will hold to the one and despise the other. Ye cannot serve God and Mammon."

You cannot perceive the beauty of Truth while you are looking out through the eyes of self.
*新約聖書マタイによる福音書6章24節より
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年8月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0825StockSnap_0MOCM0IQIE
完璧に聖なる人生は可能であると信じてください。

そのように信じ、そのように大望し、そのように瞑想すれば、神聖な優美さがあなたの霊的な経験となり、栄光の啓示があなたの内面のビジョンを甘美なものにするでしょう。「神聖なる愛」「神聖なる正義」「完全なる善の法則」または「神」に目覚めることで、偉大さがあなたの至福となり、あなたの平和を深めるでしょう。古びた物事は消え去り、あらゆる物事が新しくなるでしょう。勘違いした目には分厚くて見通しが悪く、「真実」を見る目にはとても薄くて透き通った物質的な宇宙のベールが取り払われ、霊的な宇宙が明らかになるでしょう。時間は止まり、あなたは永遠の中だけで生きるようにるでしょう。あなたは不変性を確立し、不死の中心に留まるようになり、もはや変化や死の運命があなたを不安にさせたり悲しませることはなくなるでしょう。

信じる者は、天の丘を素早く登るのです。


Believe that a life of perfect holiness is possible.

So believing, so aspiring, so meditating, divinely sweet and beautiful will be your spiritual experiences, and glorious the revelations that will enrapture your inward vision. As you realize the divine Love, the divine Justice, the Perfect Law of Good, or God, great will be your bliss and deep your peace. Old things will pass away, and all things will become new. The veil of the material universe, so dense and impenetrable to the eye of error, so thin and gauzy to the eye of Truth, will be lifted and the spiritual universe will be revealed. Time will cease, and you will live only in Eternity. Change and mortality will no more cause you anxiety and sorrow, for you will become established in the unchangeable, and will dwell in the very heart of immortality.

He who believes climbs rapidly the heavenly hills.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年8月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ