Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

365日 毎日の瞑想

1015goal-3898383_1280
心は、スピリチュアルな事柄について瞑想することで強化され回復します。

人は、3つの「放棄の門」を通り抜けなければなりません。第一の門は「欲望の放棄」であり、第二の門は「見解の放棄」であり、第三の門は「自己の放棄」です。瞑想に入ることで、人は己の欲望を点検し始めます。マインドの中で己の欲望を描き出し、人生や己の性格に与える影響を突き止めていくのです。すると人は間もなく、欲望の放棄なくしては、自己と周囲と状況の奴隷のままであることを認識するようになります。この発見をすることで、第一の門である「欲望の放棄」を通り抜けます。この門を抜けると、人は魂の浄化の最初の段階である自己鍛錬の過程に取り組むようになるのです。

信仰の灯火は照らされ続け、地道に整えられる必要があります。


The spirit is strengthened and renewed by meditation upon spiritual things.

A man must pass through three Gateways of Surrender. The first is the Surrender of Desire; the second is the Surrender of Opinion; the third is the Surrender of Self. Entering into meditation, he will commence to examine his desires, tracing them out in his mind, and following up their effects in his life and upon his character; and he will quickly perceive that, without the renunciation of desire, a man remains a slave both to himself and to his surroundings and circumstances. Having discovered this, the first Gate, that of the Surrender of Desire is entered. Passing through this Gate, he adopts a process of self-discipline which is the first step in the purification of the soul.

The lamp of faith must be continually fed and assiduously trimmed.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1014pedestrians-1209316_1280
悪とあらゆる苦しみの根源である利己心は、無知という暗い土壌から糧を得ています。

富める人も貧しき人も己の利己心に苦しむのであり、誰も逃れられません。富める人には富めるなりの苦しみがあり、貧しき人には貧しきなりの苦しみがあります。おまけに、富める人は絶えず富を失い、貧しき人は絶えず貧しさを得ているのです。今日の貧しき人は明日の富める人であり、逆もまた然りです。恐れもまた、大きな影のように人に付きまといます。利己的な力で獲得し手放そうとしない人は、常に不安な感覚に襲われ、絶えず失うことを恐れることになります。一方、利己心から物質的な富を求め、むやみに欲しがる貧しき人は、貧困の恐怖に悩まされることになります。そしてこのような戦いに明け暮れる暗黒の世界に住む人はひとり残らず、ある大きな恐れーー死の恐怖の影に覆われているのです。

人はそれぞれ、己の利己心のために苦しむのです。


Selfishness, the root of the tree of evil and of all suffering, derives its nourishment from the dark soil of ignorance.

The rich and the poor alike suffer for their own selfishness; and none escape. The rich have their particular sufferings as well as the poor. Moreover, the rich are continually losing their riches; the poor are continually acquiring them. The poor man of today is the rich man of tomorrow, and vice versa. Fear, also, follows men like a great shadow, for the man who obtains and holds by selfish force will always be haunted by a feeling of insecurity, and will continually fear its loss; whilst the poor man, who is selfishly seeking or coveting material riches, will be harassed by the fear of destitution. And one and all who live in this underworld of strife are overshadowed by one great fear—the fear of death.

Each individual suffers by virtue of his own selfishness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1013aaron-burden-1FTQOGziGY4-unsplash
経験、関連付け、そして習慣によって、思考はそれ自身を繰り返すようになります。

日々清らかな思考を巡らせることで、瞑想の実践者は清らかで気付いている思考の習慣を形成し、それがひいては清らかで気付いている行動や巧みに遂行される務めにつながります。清らかな思考を絶えず繰り返すことで、人は最後にはその思考とひとつになり、安らかで思慮深い人生の中で、清められた存在の達成を、清らかな行動で示すことになるのです。

ほとんどの人は、対立する欲求や激情、感情、思惑の連鎖の中に生き、落ち着かなさや不安定、不幸せを経験しています。しかし瞑想の中でマインドの訓練を始めると、思考を核となる原則に集中させることで、人は内面の葛藤を徐々にコントロールできるようになります。

空想を瞑想だと勘違いしてしまうのは簡単です。


By practice, association, and habit, thoughts tend to repeat themselves.

By daily dwelling upon pure thoughts, the man of meditation forms the habit of pure and enlightened thinking which leads to pure and enlightened actions and well-performed duties. By the ceaseless repetition of pure thoughts, he at last becomes one with those thoughts, and is a purified being, manifesting his attainment in pure actions, in a serene and wise life.

The majority of men live in a series of conflicting desires, passions, emotions, and speculations, and there are restlessness, uncertainty, and sorrow; but when a man begins to train his mind in meditation, he gradually gains control over this inward conflict by bringing his thoughts to a focus upon a central principle.

It is easy to mistake reverie for meditation.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1012_38919818164_d2ae23e6b4_z
瞑想の目的は神聖なる覚醒です。

最初は実際に瞑想するのが早朝30分だけの短い時間だったとしても、強烈な熱望と集中した思考の30分間で得られた知識は、その日一日の実践に体現されます。このように、瞑想では人生そのものが巻き込まれます。そして、瞑想を積み重ねるにつれ、人はより強く、徳高く、穏やかで賢くなり、その時々に置かれた状況にあって、人生の務めを果たせるようになっていくのです。

瞑想の原則は次の2つから成ります:
・清らかな物事について繰り返し考えることによるハートの浄化
・人生の実践の中で清らかさを体現することによる神聖なる知識の獲得

人は思考する存在であり、その人生や性格は、いつも巡らせている思考によって定められるのです。


The object of meditation is divine enlightenment.

While, at first, the time spent in actual meditation is short—perhaps only half an hour in the early morning—the knowledge gained in that half-hour of vivid aspiration and concentrated thought is embodied in practice during the whole day. In meditation, therefore, the entire life of a man is involved; and as he advances in its practice he becomes more and more fitted to perform the duties of life in the circumstances in which he may be placed, for he becomes stronger, holier, calmer, and wiser.

The principle of meditation is twofold, namely:
・Purification of the heart by repetitive thought on pure things.
・Attainment of divine knowledge by embodying such purity in practical life.

Man is a thought-being, and his life and character are determined by the thoughts in which he habitually dwells.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1011eyecatch_hillside2019
人は、「真実」を知り実現させたいと切望するとき、日頃の行いや自浄作用に注意を向けるようになります。

人は、専心することで才能の高みを昇りつめることができますが、「真実」の天の高みを昇ることはできませんーーそこへ到達するには瞑想が必要です。人は、専心することでカエサルのごとき優れた理解力や巨大な力を獲得し得、瞑想することでブッダのごとき神聖なる知恵や完全なる平和に到達し得るのです。人は、専心することで科学、芸術、取引など人生の物事を遂行する技能を獲得しますが、瞑想することで正しい生活、覚醒、知恵など人生そのものに対する技能を獲得します。聖者、賢人、救済者ーー賢い人や聖なる教師ーーは、聖なる瞑想が完了した証なのです。

「真実」を完全に、猛烈に愛してくださいーーその中にすっぽりと入り込んでしまうほどに。


When a man aspires to know and realize the Truth, he gives attention to conduct, to self-purification.

By concentration a man can scale the highest heights of genius, but he cannot scale the heavenly heights of Truth; to accomplish this he must meditate. By concentration a man may acquire the wonderful comprehension and vast power of a Caesar; by meditation he may reach the divine wisdom and perfect peace of a Buddha. The perfection of concentration is power; the perfection of meditation is wisdom. By concentration men acquire skill in the doing of the things of life—in science, art, trade, etc.—but by meditation they acquire skill in life itself; in right living, enlightenment, wisdom, etc. Saints, sages, saviors—wise men and divine teachers— are the finished products of holy meditation.

Love Truth so fully and intensely as to become wholly absorbed in it.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ