Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

365日 毎日の瞑想

0607runner-555074_1280
人が最も重要な要因です。

人は、もしお金の不足や時間の不足、影響力の不足、家族の束縛からの自由の不足などの状況に妨げられることがなかったら、大きなことが成し遂げられるという偽りを心に描きます。現実には、人はそれらの事柄に全く妨げられてなどいません。その人は、マインドの中でそれらがもともと持っていない力を認め、その力をそれらにではなく、それらに対する自分の見解に与えてしまうのですが、それは自分の性質における弱い側面にそれらの力を与えるということなのです。実際にその人を妨げている「不足」は、マインドの正しい態度の不足です。その人が、自分の置かれた状況を己の秘めた力を駆り立てる機会として捉え、いわゆる障害と呼ばれるものは達成に向けて首尾よく登るための階段なのだと理解するとき、その人の不足が発明を生み出し、「妨害物」が助けに変化するのです。

己の状況に不平を言う人は、まだ自立した人になっていません。


The man is the all-important factor.

A man imagines lie could do great things if he were not hampered by circumstances—by want of money, want of time, want of influence, and want of freedom from family ties. In reality the man is not hindered by these things at all. He, in his mind, ascribes to them a power which they do not possess, and he submits, not to them, but to his opinions about them, that is, to a weak element in his nature. The real "want" that hampers him is the want of the right attitude of mind. When he regards his circumstances as spurs to his resources, when he sees that his so-called drawbacks are the very steps up which he is to mount successfully to his achievement, then his necessity gives birth to invention, and the " hindrances " are transformed into aids.

He who complains of his circumstances has not yet become a man.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0606blue-fountains-913455_1280
自分自身の行動を完璧にすることは、人の至上の務めであり、最も卓越した成果です。

あなたを束縛するものも、あなたを解放するものも、原因は内側にあります。他者を通してあなたが経験する傷は、あなた自身の行動がはね返ってきたものであり、あなた自身の精神の態度の反映です。他者は道具であって、あなたが原因なのです。巡り合わせは熟した果実です。苦いものも甘いものも共に人生の果実であり、それぞれの人が、その人に適した度合いで受け取ります。正しい人は自由です。誰もその人を傷つけることはできず、誰もその人を破壊することはできず、誰もその人から平和を奪うことはできません。その人が人々に向ける、理解から生じている態度が、人々のその人を傷つける力を無力化してしまうのです。人々がその人に傷を負わせようと試みれば、その傷は自分たちの痛みとなって人々にはね返り、その人は無傷で無事なままです。その人から生じる美徳は、その人自身の幸福の絶えない源泉であり、力の永遠なる源なのです。その根は平静さであり、その花は喜びです。

外側の物や行為には、あなたを傷つける力はありません。


The perfecting of one’s own deeds is man’s highest duty and most sublime accomplishment.

The cause of your bondage as of your deliverance is within. The injury that comes to you through others is the rebound of your own deed, the reflex of your own mental attitude. They are the instruments, you are the cause. Destiny is ripened fruits. The fruit of life, both bitter and sweet, is received by each man in just measure. The righteous man is free. None can injure him ; none can destroy him; none can rob him of his peace. His attitude towards men, born of understanding, disarms their power to wound him. Any injury which they may try to inflict rebounds upon themselves to their own hurt, leaving him unharmed and untouched. The good that goes from him is his perennial fount of happiness, his eternal source of strength. Its root is serenity, its flower is joy.

External things and deeds are powerless to injure you.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0605architecture-3193730_1280
事象の世界と対になるのは思考の世界です。

内面が外面に息を吹き入れます。大きなものが小さなものを取り囲みます。問題はマインドと相対しています。出来事は思考の流れです。状況とは、関わっている人それぞれの思考と、外面の状態と、他者の行動が組み合わされたもので、その人自身の精神が欲していることと、精神の発達の度合いが密接に関係しています。人は身の回りの環境の一部です。人は自分の仲間から切り離された存在ではなく、特有の間柄と行動の相互作用、そして人間社会の基礎である思考の基本的法則によって親密に結びついているのです。

人は誰も、自分の一時の気まぐれや願いに合わせて外側の物事を変えることはできませんが、自分の気まぐれや願いを気に留めないでいることはできます。そうして人は、異なった側面を見せるように、外側に対する自分のマインドの態度を変えることができるのです。人は、自分に対する他者の行動を形作ることはできませんが、他者に対する自分の行動を適切な形にすることはできます。

事象は思考に続きますーーあなたの思考を変えれば、事象は新しい修正に応じるのです。


The world of things is the other half of the world of thoughts.

The inner informs the outer. The greater embraces the lesser. Matter is the counterpart of mind. Events are streams of thoughts. Circumstances are combinations of thought, and the outer conditions and actions of others in which each man is involved, are intimately related to his own mental needs and development. Man is a part of his surroundings. He is not separate from his fellows, but is bound closely to them by the peculiar intimacy and interaction of deeds, and by those fundamental laws of thought which are the roots of human society.

One cannot alter external things to suit his passing whims and wishes, but he can set aside his whims and wishes; he can so alter his attitude of mind towards externals, that they will assume a different aspect. He cannot mould the actions of others towards him, but he can rightly fashion his actions towards them.

Things follow thoughts. Alter your thoughts, and things will receive a new adjustment.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0604soap-bubbles-817094_1280
卑小なマインドの人と偉大なハートの人は、たとえ二人が隣人だったとしても、二つの異なる世界に暮らしています。

「天の王国」は暴力によって征服されることはなく、その原則に従う人が暗号を受け取ります。悪党は悪党の社会の中を動きまわり、聖者は神聖なる音楽を共にする仲間の一人に選ばれるのです。人はすべて、外側にその人自身を映し出す鏡です。人と物の世界を見ている人はすべて、自分自身を映し返す鏡を見ているのです。

人はみなそれぞれ、限定された、または広々とした自分自身の考えの円の中を動き回っていて、その円の外側にあるものすべては、その人にとって存在しないものなのです。人は、自分がなったことのあるものだけしか知りません。人は、限界が狭ければ狭いほど、これ以上の限界も、その他の円も存在しないと、より強く確信してしまいます。小が大を含むことはできず、人はより大きなマインドを捕らえる術を持ちませんーーそのような知識へは、成長することによってのみ達するのです。

人は、学生のように、それぞれの無知や知識の度合いで割り当てられた段階や学級で、自分自身を発見するのです。


The small-minded man and the large-hearted man live in two different worlds though they be neighbours.

The kingdom of heaven is not taken by violence, but he who conforms to its principles receives the password. The ruffian moves in a society of ruffians; the saint is one of an elect brotherhood whose communion is divine music. All men are mirrors reflecting according to their own surface. All men, looking at the world of men and things, are looking into a mirror which gives back their own reflection.

Each man moves in the limited or expansive circle of his own thoughts, and all outside that circle is non-existent to him. He only knows that which he has become. The narrower the boundary, the more convinced is the man that there is no further limit, no other circle. The lesser cannot contain the greater, and he has no means of apprehending the larger minds ; such knowledge comes only by growth.

Men, like schoolboys, find themselves in standards or classes to which their ignorance or knowledge entitles them.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0603road-58854_1280
人が低い領域か高い領域のどこに存在するかは、ぞれぞれの人の思考の性質によって決まります。

疑い深く、強欲で、嫉妬深いマインドの人のことを考えてみてください。その人の目には、すべてがどれだけつまらなく、ケチくさく、がっかりするものに映るでしょうか。その人は自分に威厳がないためにどこにも威厳を見いださず、自分が下劣であるが故にどんな存在の中にも高潔さを見ることができず、自分自身が利己的なために最も尊い無私の行動の中にもケチでさもしい動機だけを見つけるのです。

今度は、疑う事を知らず、気前がよく、寛大なマインドの人のことを考えてみてください。その人の世界はどれだけ素晴らしく美しいでしょうか。その人は人々を誠実な存在だと見ていて、その人にとって人々は誠実なのです。その人の前では最もケチな人でさえも己の性質を忘れ、それがたとえ一時的な高揚の中での混乱だったとしても、より高い物事の秩序や、計り知れないほど崇高で幸せな人生をおぼろげながら感知して、その瞬間だけその人のようになるのです。

暗くて憎しみにあふれた考えを巡らせることを止め、明るく美しい考えを大切にしてください。


Men live in spheres low or high according to the nature of their thoughts.

Consider the man whose mind is suspicious, covetous, envious. How small and mean and drear everything appears to him. Having no grandeur in himself, he sees no grandeur anywhere, being ignoble himself, he is incapable of seeing nobility in any being; selfish as he himself is, he sees in the most exalted acts of unselfishness only motives that are mean and base.

Consider again the man whose mind is unsuspecting, generous, magnanimous. How wondrous and beautiful is his world. He sees men as true, and to him they are true. In his presence the meanest forget their nature, and for the moment become like himself, getting a glimpse, albeit confused, in that temporary upliftment of a higher order of things, of an immeasurably nobler and happier life.

Refrain from harbouring thoughts that are dark and hateful, and cherish thoughts that are bright and beautiful.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ