Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

1010sunset-690756_1280
大望が専心と一体化した結果が瞑想です。

単に世俗的で快楽を愛する人生よりも、より高く、清らかで、輝かしい人生に到達し実現することを激しく望むとき、人は大望を抱き始めます。そしてそのような人生を見いだすことに思考を熱心に集中させるとき、その人は瞑想を実践しているのです。

熱烈な大望がなければ、瞑想にはなりません。無気力と無関心は、瞑想の実践にとって致命的です。実践者が熱心な性質であればあるほど、瞑想をよりたやすく習得し、より上手に実践できるようになります。激しい性質の実践者は、その大望が十分な目覚めへと変化することで、瞑想の中で最も迅速に「真実」の高みへと昇っていくのです。

瞑想はスピリチュアルな成功に不可欠です。


When aspiration is united to concentration, the result is meditation.

When a man intensely desires to reach and realize a higher, purer, and more radiant life than the merely worldly and pleasure-loving life, he engages in aspiration; and when he earnestly concentrates his thoughts upon the finding of that life, he practices meditation.

Without intense aspiration there can be no meditation. Lethargy and indifference are fatal to its practice. The more intense the nature of the man, the more readily will he find meditation and the more successfully will he practice it. A fiery nature will most rapidly scale the heights of Truth in meditation, when its aspirations have become sufficiently awakened.

Meditation is necessary to spiritual success.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1009beard-87508_12802
些細なことは度外視でき、もっと大きなことの方が重要だと考えるのは、よくある間違いです。

4つの倫理的な原則(正義・清廉・正直・親切)を人生の法則であり基盤として取り入れ、その原則の上に己の性格を築き上げ、思考や発言、行動をその原則から外さず、原則を厳しく順守しながら一つひとつの課題やその時々の業務を遂行するような人は、ハートの誠実さの秘めた土台を確実に強固に固定しているのであり、栄誉をもたらす建造物を築き上げることに失敗することはありません。その人は、平和と幸福の中で休息できる寺院を建てているのであり、それはまさにその人の人生の強固で美しい「寺院」なのです。

安全で恵まれた人生を送るのであれば、人生のあらゆる些細な事柄において道徳の原則を実践しなければなりません。


It is a common error to suppose that little things can be passed by, and that the greater things are more important.

He who adopts the four ethical principles as the law and base of his life, who raises the edifice of character upon them, who in his thoughts and words and actions does not wander from them, whose every duty and every passing transaction is performed in strict accordance with their exactions, such a man, laying down the hidden foundations of integrity of heart securely and strongly, cannot fail to raise up a structure which shall bring him honor; and he is building a temple in which he can repose in peace and blessedness —even the strong and beautiful Temple of his life.

He who would have a life secure and blessed must carry the practice of the moral principles into every detail of it.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1008photo-1433574466251-fe1be0d9b3d2
宇宙の根本的な法則との調和の中で仕事をしてください。

もし成功した、堅固な、立派な人生をーー最も激しい逆境や誘惑の嵐にも勇敢に耐える人生を築こうとするならば、いくつかの、シンプルな、一貫した道徳の原則の上に築かなければなりません。

原則とは次の4つです:
・正義
・清廉
・正直
・親切

これら4つの倫理的な真理は、人生を形成する上で、家を建てる際の四隅の柱に相当します。これらを無視して、不正義や策略、利己主義によって成功や幸福を得られると考える人は、数学的な線の適切な配置を考慮もせずに、頑丈で耐久性のある住宅を建てられると思い込んでる建築業者と同じようなもので、最終的に得られるのは落胆と失敗だけです。

真の職人のように仕上げてください。


Work in harmony with the fundamental laws of the universe.

If a man is to build up a successful strong, and exemplary life—a life that will stoutly resist the fiercest storms of adversity and temptation—it must be framed on a few, simple, undeviating moral principles.

Four of these principles are:
・Justice
・Rectitude
・Sincerity
・Kindness

These four ethical truths are to the making of a life what the four lines of a square are to the building of a house. If a man ignores them and thinks to obtain success and happiness by injustice, trickery, and selfishness, he is in the position of a builder who imagines he can build a strong and durable habitation while ignoring the relative arrangement of mathematical lines, and he will, in the end, obtain only disappointment and failure.

Build like a true workman.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ