Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

1019rose-2721846_1280
自分自身を内面の「神聖なる避難所」に連れて行きそこに留まることで、人は罪から自由になります。どんな疑念にも信頼は揺るがず、どんな不確実性に襲われることもありません。

満足することが甘美に思えるために、人々は己の欲望を愛していますが、その帰結は痛みと虚しさです。エゴを満たすことが最も好ましく思えるために、人々は知的な論争を愛していますが、その果実は屈辱と悲しみです。魂が満足を求めるのを止め、エゴの苦い果実を収穫し終える地点に辿り着いたら、「神聖なる知恵」を受け取り「神聖なる生」の中に入る準備が整います。はりつけにされた人だけが変容できますーー自己の死によってのみ、ハートに存在する神が「不死の生」の中で復活し、「知恵の山」の頂上に輝かしく立つことができるのです。

自己のないところに、「神々しい生命の園」が存在します。


Having taken himself to the Divine Refuge within, and remaining there, a man is free from sin. No doubt shall shake his trust; no uncertainty shall rob him of repose.

Men love their desires, for gratification seems sweet to them, hut its end is pain and vacuity; they love the argumentations of the intellect, for egotism seems most desirable to them, but the fruits thereof are humiliation and sorrow. When the soul has reached the end of gratification and reaped the bitter fruits of egotism, it is ready to receive the Divine Wisdom and to enter into the Divine Life. Only the crucified can be transfigured; only by the death of self can the Lord of the heart rise again into the Immortal Life, and stand radiant upon the Olivet of Wisdom.

Where self is not, there is the Garden of the Heavenly Life.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1018heart-693427_1280
内面の神聖なる中心を見つけてください。

物事のうわべや影、幻では満足しないと決意している人は、その固い決意が突き刺す光で儚い空想をことごとく追い払い、人生の実体と現実の中に入ります。その人は生き方を習得し、生きるでしょう。その人は、どんな激情の奴隷にもならず、どんな見解にも仕えず、どんなたわいもない失策の支持者になることもないでしょう。己のハートの内側に「神聖なる中心」を見つけることで、その人は清らかで、穏やかで、強靭で、賢くなり、その人自身であるところの、その人が生きる「神々しい生」の輝きを絶え間なく放射するでしょう。

あなたの内側には、不変であり時間や死に抗うものがあるということを知らないのは、何も知らず「時間の鏡」に映し出された実体のないものと無駄に戯れているのと同じです。


Find the Divine center within.

Clothing his soul with the colorless Garment of Humility, a man bends all his energies to the uprooting of those opinions which he has hitherto loved and cherished. He now learns to He who resolves that he will not rest satisfied with appearances, shadows, illusions shall, by the piercing light of that resolve, disperse every fleeting phantasy, and shall enter into the substance and reality of life. He shall learn how to live, and he shall live. He shall be the slave of no passion, the servant of no opinion, the votary of no fond error. Finding the Divine Center within his own heart, he shall be pure and calm and strong and wise, and will ceaselessly radiate the Heavenly Life in which he lives—which is himself.

Not to know that within you that is changeless and defiant of time and death, is not to know anything, but is to play vainly with unsubstantial reflections in the Mirror of Time.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1017ec_shoes_autumn
価値のつけられないスピリチュアルな洞察力を身につけてください。

色のついていない「謙遜の衣」で魂を包み、これまで愛し育んできた見解というものを根絶やしにすることに全精力を傾けるとき、人は、唯一無二で不変な「真実」と、多様で変わりやすい自身や他者による「真実についての見解」の違いを見分けることを学びます。すると人は、「善性」「清浄」「慈悲」「愛」についての自身の見解は、それぞれの性質そのものとはまったく異なること、さらには自身の見解ではなくその神聖なる「原則」に立たなければならないことを理解するのです。これまでは自身の見解に大きな価値を置いていた人が、それを持ち上げることや他者の見解に対して防御することを止め、それらをもはや価値のないものと見做すようになります。

「清浄」「知恵」「慈悲」「愛」の神聖なる「原則」に立ってください。


Acquire the priceless possession of spiritual discernment.

Clothing his soul with the colorless Garment of Humility, a man bends all his energies to the uprooting of those opinions which he has hitherto loved and cherished. He now learns to distinguish between Truth, which is one and unchangeable, and his own and others’ opinions about Truth, which are many and changeable. He sees that his opinions about Goodness, Purity, Compassion, and Love, are very distinct from those qualities themselves, and that he must stand upon those divine Principles, and not on his own opinions. Hitherto he has regarded his own opinions as of great value, but now he ceases so to elevate his own opinions, and to defend them against those of others, and comes to regard them as utterly worthless.

Stand upon the divine Principles of Purity, Wisdom, Compassion, and Love.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ