Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

0604soap-bubbles-817094_1280
卑小なマインドの人と偉大なハートの人は、たとえ二人が隣人だったとしても、二つの異なる世界に暮らしています。

「天の王国」は暴力によって征服されることはなく、その原則に従う人が暗号を受け取ります。悪党は悪党の社会の中を動きまわり、聖者は神聖なる音楽を共にする仲間の一人に選ばれるのです。人はすべて、外側にその人自身を映し出す鏡です。人と物の世界を見ている人はすべて、自分自身を映し返す鏡を見ているのです。

人はみなそれぞれ、限定された、または広々とした自分自身の考えの円の中を動き回っていて、その円の外側にあるものすべては、その人にとって存在しないものなのです。人は、自分がなったことのあるものだけしか知りません。人は、限界が狭ければ狭いほど、これ以上の限界も、その他の円も存在しないと、より強く確信してしまいます。小が大を含むことはできず、人はより大きなマインドを捕らえる術を持ちませんーーそのような知識へは、成長することによってのみ達するのです。

人は、学生のように、それぞれの無知や知識の度合いで割り当てられた段階や学級で、自分自身を発見するのです。


The small-minded man and the large-hearted man live in two different worlds though they be neighbours.

The kingdom of heaven is not taken by violence, but he who conforms to its principles receives the password. The ruffian moves in a society of ruffians; the saint is one of an elect brotherhood whose communion is divine music. All men are mirrors reflecting according to their own surface. All men, looking at the world of men and things, are looking into a mirror which gives back their own reflection.

Each man moves in the limited or expansive circle of his own thoughts, and all outside that circle is non-existent to him. He only knows that which he has become. The narrower the boundary, the more convinced is the man that there is no further limit, no other circle. The lesser cannot contain the greater, and he has no means of apprehending the larger minds ; such knowledge comes only by growth.

Men, like schoolboys, find themselves in standards or classes to which their ignorance or knowledge entitles them.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0603road-58854_1280
人が低い領域か高い領域のどこに存在するかは、ぞれぞれの人の思考の性質によって決まります。

疑い深く、強欲で、嫉妬深いマインドの人のことを考えてみてください。その人の目には、すべてがどれだけつまらなく、ケチくさく、がっかりするものに映るでしょうか。その人は自分に威厳がないためにどこにも威厳を見いださず、自分が下劣であるが故にどんな存在の中にも高潔さを見ることができず、自分自身が利己的なために最も尊い無私の行動の中にもケチでさもしい動機だけを見つけるのです。

今度は、疑う事を知らず、気前がよく、寛大なマインドの人のことを考えてみてください。その人の世界はどれだけ素晴らしく美しいでしょうか。その人は人々を誠実な存在だと見ていて、その人にとって人々は誠実なのです。その人の前では最もケチな人でさえも己の性質を忘れ、それがたとえ一時的な高揚の中での混乱だったとしても、より高い物事の秩序や、計り知れないほど崇高で幸せな人生をおぼろげながら感知して、その瞬間だけその人のようになるのです。

暗くて憎しみにあふれた考えを巡らせることを止め、明るく美しい考えを大切にしてください。


Men live in spheres low or high according to the nature of their thoughts.

Consider the man whose mind is suspicious, covetous, envious. How small and mean and drear everything appears to him. Having no grandeur in himself, he sees no grandeur anywhere, being ignoble himself, he is incapable of seeing nobility in any being; selfish as he himself is, he sees in the most exalted acts of unselfishness only motives that are mean and base.

Consider again the man whose mind is unsuspecting, generous, magnanimous. How wondrous and beautiful is his world. He sees men as true, and to him they are true. In his presence the meanest forget their nature, and for the moment become like himself, getting a glimpse, albeit confused, in that temporary upliftment of a higher order of things, of an immeasurably nobler and happier life.

Refrain from harbouring thoughts that are dark and hateful, and cherish thoughts that are bright and beautiful.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0602eyecatch-fence201911-800x450
人は幸福と不幸の作り手です。

マインドの固定した態度が行動の方向性を決定し、行動の方向性から幸せと不幸せを作る反応が生じるのです。このことから、反応である状況を変えるためには、人は能動的な思考を変えなければならないことが導き出されます。不幸を幸福に置き換えるためには、不幸の原因となっているマインドの固定した態度と習慣化した行動の方向性を逆転させる必要があり、逆転の結果がマインドと人生に現れてくることになります。人は、利己的に考え行動している間は幸せになる能力を持たず、無私の思考や行動を行っている間は不幸せになることはありません。原因があれば必ず結果が生じます。人は結果を取り消すことはできませんが、原因を変えることはできます。人は自分自身の本質を清らかにし、性格を作り替えることができるのです。自己征服には大きな力がみなぎり、自分を変えることには大きな喜びがあります。

人はみなそれぞれ、自分自身の思考に取り囲まれているのです。


Man is the maker of happiness and misery.

Fixed attitudes of mind determine courses of conduct, and from courses of conduct come those reactions caned happinesses and unhappinesses. This being so, it follows that, to alter the reactive condition, one must alter the active thought. To exchange misery for happiness it is necessary to reverse the fixed attitude of mind and habitual course of conduct which is the cause of misery, and the reverse effect will appear in the mind and life. A man has no power to be happy while thinking and acting selfishly; he cannot be unhappy while thinking and acting unselfishly. Wheresoever the cause is, there the effect will appear. Man cannot abrogate effects, but he can alter causes. He can purify his nature; he can remould his character. There is great power in self-conquest; there is great joy in transforming oneself.

Each man is circumscribed by his own thoughts.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ