Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

0911piano-690381_1280
どんな小さな課題においても完璧を目指すべきです。

目の前にある個別の課題に対して、注意力散漫なマインドではなく完全な注意を与えることで、目的に対する専心とマインドの強度な集中力という、性格に重みと価値を与え、その力の持ち主に落ち着きと喜びをもたらす二つの精神的な力が徐々に獲得されます。

やらなければならないことを力強く直ちに行うことは、同じように重要です。怠慢と力強い意志は両立せず、物事を先延ばしにすることは、目的ある行動の習得に対する完全な障壁です。それがたとえ数分後であったとしても、他の時まで「延期」にすべきことなど何もありません。今すべきことは、今なされるべきなのです。これは些細なことのように思えるかもしれませんが至って重要で、力強さや成功、平和につながるのです。

激しい感情に従って生きるのではなく、原則に従って生きてください。


Perfection should be aimed at, even in the smallest task.

By not dividing the mind, but giving the whole attention to each separate task as it presents itself, singleness of purpose and intense concentration of mind are gradually gained two mental powers which give weight and worth of character, and bring repose and joy to their possessor.

Doing vigorously, and at once, whatever has to be done is equally important. Idleness and a strong will cannot go together, and procrastination is a total barrier to the acquisition of purposeful action. Nothing should be "put off" until another time, not even for a few minutes. That which ought to be done now should be done now. This seems a little thing, but it is of far-reaching importance. It leads to strength, success, and peace.

Live according to principle, and not according to passion.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0910oksana-taran-xB4ExGcUai0-unsplash
悪習慣に屈する人は、自分自身に対する支配権を失います。

自己鍛錬を忌避し、自分の側の努力をほとんどもしくは全く払わずに、意志の力を得るために何らかの「超自然的な秘技」を探し回るのは、自分自身を欺いているのであり、すでに所持している意志の力を弱めています。

悪習慣に打ち勝つことで得られる意志の強さは、良い習慣を始めることを可能にしますーーなぜなら、悪習慣を克服するには目的の力を必要とする一方で、新たな習慣を形成するには目的における知的な方向づけが不可欠だからです。これをするためには、人は精神的な行動力と活力がなければならず、自分自身を常に監視し続けなければなりません。

徹底して行うことは、意志の発達において必ず通らなければならない段階です。いい加減な仕事は、弱さのしるしなのです。


By submitting to a bad habit one forfeits the right to rule over himself.

He who thus avoids self-discipline, and looks about for some "occult secrets" for gaining will-power at the expenditure of little or no effort on his part, is deluding himself, and is weakening the willpower which he already possesses.

The strength of will which is gained by success in overcoming bad habits enables one to initiate good habits ; for, while the conquering of a bad habit requires merely strength of purpose, the forming of a new one necessitates the intelligent direction of purpose. To do this, a man must be mentally active and energetic, and must keep a constant watch upon himself.

Thoroughness is a step in the development of the will which cannot be passed over. Slipshod work is an indication of weakness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0909boris-smokrovic-wxNx3zAzPvU-unsplash
意志の訓練における最初のステップは、悪習慣を断ち切ることです。

この単純で、本質に先立つ真実を掴むことに成功した人は、意志の養成における全体の技は、次の7つの法則にまとめられることを認識します。
1. 悪習慣を断つ。
2. 善い習慣を形成する。
3. 今この瞬間の務めに細心の注意を向ける。
4. やらなければならないことは力強く直ちに行う。
5. 法則に則って生きる。
6. 舌を制御する。
7. マインドを制御する。

上記の法則について真面目に瞑想し、怠りなく実践する人は誰であれ、目的の純粋さと意志の力を成功裡に発展させ、それにより、すべての困難に上手に対処し、すべての非常事態を昂然こうぜんと通り過ぎることができるようになるでしょう。


In the training of the will the first step is the breaking away from bad habits.

He who has succeeded in grasping this simple, preliminary truth will perceive that the whole science of will-cultivation is embodied in the following seven rules:
1. Break off bad habits.
2. Form good habits.
3. Give scrupulous attention to the duty of the present moment.
4. Do vigorously, and at once, whatever has to be done.
5. Live by rule.
6. Control the tongue.
7. Control the mind.

Anyone who earnestly meditates upon, and diligently practices, the above rules will not fail to develop that purity of purpose and power of will which will enable him to successfully cope with every difficulty, and pass triumphantly through every emergency.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ