Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

0619underwater-3908694_1280
外側の世界には絶え間ない混乱や変化、不安があり、あらゆる物事の中心には何にも乱されることのない平静がありますますーーこの深い静寂の中に、永遠が存在するのです。

獰猛どうもうな嵐でさえも届かない深みが海にあるように、罪や悲しみの嵐に決して煩わされることのない静寂、聖なる深みが人のハートにはあります。この静寂に達し、そこで意識的に生きることは平和です。

外側の世界は不和で溢れていますが、宇宙の中心は完全な調和が支配しています。人間の魂は、この罪なき状態の調和にひたむきに手を伸ばします。この状態に達してそこで意識的に生きることが平和なのです。しばらくの間、外側の物事から、感覚の快楽から、知的な論争から、世界の喧騒や興奮から離れ、あなたのハートの最奥に引っ込んでください。そうすればそこで、あらゆる利己的な欲求の冒涜的な妨害から解放されて、神聖なる静けさ、至福の平静を見つけるでしょう。あなたの中で「真実」の完全無欠な目が開き、物事をありのままに見られるようになるのです。

小さな子供のようになってください。


In the external universe there is ceaseless turmoil, change, and unrest; at the heart of all things there is undisturbed repose ; in this deep silence dwelleth the Eternal.

As there are depths in the ocean which the fiercest storm cannot reach, so there are silent, holy depths in the heart of man which the storms of sin and sorrow can never disturb. To reach this silence and to live consciously in it is peace.

Discord is rife in the outward world, but unbroken harmony holds sway at the heart of the universe. The human soul reaches blindly toward the harmony of the sinless state, and to reach this state and to live consciously in it is peace. Come away, for a while, from external things, from the pleasure of the senses, from the arguments of the intellect, from the noise and the excitements of the world, and withdraw yourself into the inmost chamber of your heart, and there, free from the sacrilegious intrusion of all selfish desires, you will find a holy calm, a blissful repose ; the faultless eye of Truth will open within you, and you will see things as they really are.

Become as little children.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0618the-beginning-of-spring-4885642_1280
それがどれだけ地味であろうとも、私利私欲なく、喜びに満ちた犠牲をもって行われた務めであれば、そこには本当の奉仕と不滅の成果があります。

あるひとつの偉大で神聖な教えの学びが、この世界には与えられていますーーそれは、完全なる無私無欲の学びです。あらゆる時代の聖人、賢人、そして救済者たちは、この課題に身を捧げ、学び、生きました。世界のあらゆる経典は、このひとつの学びを教えるために編まれ、すべての偉大な教師たちが繰り返し述べてきました。それは、この教えをあざけり、利己心の入り組んだ道をつまずきながら進む世界にとって、あまりにも単純な学びです。

この正義の探究は「真実と平和の道」を歩くことであり、この「道」に足を踏み入れた人は、まもなく生と死から独立した「不死」を認識し、宇宙の神聖な実利においては、最も地味な努力も損なわれないことに気づきます。世界は、あらゆる魂がひとつ残らず己の神聖さに気づくという至福に足を踏み入れるまで、その長い行程を終えることはありません。

清らかなハートとは、あらゆる宗教の終着点であり、神聖さの始まりなのです。


Where duties, howsoever humble, are done without self-interest, and with joyful sacrifice, there is true service and enduring work.

It is given to the world to learn one great and divine lesson—-the lesson of absolute unselfishness. The saints, sages, and saviours of all time are they who have submitted themselves to this task, and have learned and lived it. All the scriptures of the world are framed to teach this one lesson, all the great teachers reiterate it. It is too simple for the world which, scorning it, stumbles along in the complex ways of selfishness.

To search for this righteousness is to walk the Way of Truth and Peace, and he who enters this Way will soon perceive that Immortality which is independent of birth and death, and will realize that in the divine economy of the universe the humblest effort is not lost. The world will not have finished its long journey until every soul has entered into the blissful realization of its own divinity.

A pure heart is the end of all religion and the beginning of divinity.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0617mountains-4429382_1280
すべての人に対する愛の中で自己を葬り去ることが、ただ一つの本当の奉仕です。

己の利己心と絶えず戦い、すべてを抱く愛が利己心を超えるよう努力する人は誰であれーーたとえ小屋に住んでいようが富と権力の中にいようが、説教する人であろうが無名の人であろうがーー聖人なのです。

より高尚な物事に対する大望を抱き始めた俗人にとって、心優しきアッシジの聖フランチェスコあるいは超克の聖アントニオのような聖人は、輝かしく心揺さぶる存在です。彼ら聖人にとって、同じように魂を奪われるのは、誘惑が決して届かない場所にいて、もはや後悔や良心の呵責に苦しめられることはなく、罪や悲しみの覇者として穏やかに神聖な佇まいで座っている賢人の存在です。そして、その賢人でさえも、無私の務めにおいてその知識を積極的に現し、人類の痛み悲しむハートにその身を沈めることで自身の神聖さを善のために有効に行使する、「救世主」の偉大な栄光の姿に突き動かされるのです。

個人を超えた務めだけが、生き残ることができます。


This only is true service to forget oneself in love towards all.

Whoever fights ceaselessly against his own selfishness, and strives to supplant it with all-embracing love, is a saint, whether he live in a cottage or in the midst of riches and influence ; or whether he preaches or remains obscure.

To the worldling, who is beginning to aspire towards higher things, the saint, such as a sweet St. Francis of Assisi, or a conquering St. Anthony, is a glorious and inspiring spectacle; to the saint, an equally enrapturing sight is that of the sage, sitting serene and holy, the conqueror of sin and sorrow, no more tormented by regret and remorse, and whom even temptation can never reach; and yet even the sage is drawn on by a still more glorious vision, that of the Saviour actively manifesting His knowledge in selfless works, and rendering His divinity more potent for good by sinking Himself in the throbbing, sorrowing heart of mankind.

Only the work that is impersonal can live.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ