Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

0920caroline-hernandez-yl1wEVqEY8k-unsplash
自己を克服することは、不幸を生み出すあらゆる要素を撲滅することです。

自己の克服または撲滅の原理は、それそのものが単純です。実際のところ、それはあまりにも簡単で、実践的で、手の届くものなので、理論や神学体系、思索的哲学などでマインドが曇っていない5歳の子供の方が、複雑な理論を取り入れたことで単純で美しい真実を捉えられなくなってしまった多くの年長者よりも、はるかによく理解できるのです。

自己の撲滅は、魂に存在する分離や争い、苦しみ、病、不幸につながるあらゆる要素を除去し滅ぼすことで成り立ちます。それは、何であれ、美徳や美、平和を生み出す性質のものを破壊することを意味しません。

自己を克服することは、あらゆる神聖なる性質を強化することなのです。


The overcoming of self is the annihilation of all the sorrow-producing elements.

The doctrine of the overcoming or annihilation of self is simplicity itself; indeed, so simple, practical, and close at hand is it that a child of five, whose mind has not yet become clouded with theories, theological schemes, and speculative philosophies, would be far more likely to comprehend it than many older people who have lost their hold upon simple and beautiful truths by the adoption of complicated theories.

The annihilation of self consists in weeding out and destroying all those elements in the soul which lead to division, strife, suffering, disease, and sorrow. It does not mean the destruction of any good and beautiful and peace-producing quality.

The overcoming of self is the cultivation of all the divine qualities.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0919yarden-3RsAektgon4-unsplash
死ぬべき運命にある人は、始まりと終わりのある時間的またはこの世的な意識状態の中で生きています。

不死の人は、あらゆる変化にあって落ち着きと不動を保っていて、肉体の死が、その人が宿る永遠なる意識にどのような形であれ割り込むようなことはありません。そのような人は「死を味わうことがない*」のですーーなぜなら、その人は死ぬべき運命の流れから抜け出したのであり、自分自身を「真実」の住処に打ち立てたのです。肉体や性格、国、世界は消滅しても「真実」は残り、その栄光が時間によってぼやけることはありません。ですから、不死の人は自己を克服したのであり、もはや個という利己的な力と自分自身を同一視せず、その力を達人の技で制御できるよう自分を訓練し、森羅万象における因果の力と源に調和させているのです。

不死の人は、始まりも終わりもなく、永遠の今だけがある宇宙的または天国的な意識状態の中で生きています。


The mortal man lives in the time or world state of consciousness which begins and ends.

The immortal man remains poised and steadfast under all changes, and the death of his body will not in any way interrupt the eternal consciousness in which he abides. Of such a one it is said, "He shall not taste of death," because he has stepped out of the stream of mortality, and established himself in the abode of Truth. Bodies, personalities, nations, and worlds pass away, but Truth remains, and its glory is undimmed by time. The immortal man, then, is he who has conquered himself; who no longer identifies himself with the self-seeking forces of the personality, but who has trained himself to direct those forces with the hand of a master, and so has brought them into harmony with the causal energy and source of all things.

The immortal man lives in the cosmic or heaven state of consciousness, in which there is neither beginning nor end, but an eternal now.
*新約聖書 ヨハネによる福音書 8章52節より
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0918evgeni-tcherkasski-VL0gfZlSYT0-unsplash
肉体が死んだからといって、人に不死が与えられるということはありません。

霊も人間と変わらず、壊れた意識の中で熱に浮かされた生を生きているのであり、変化と死ぬべき運命に囚われています。快楽を愛する己の性格を保ち続けることを激しく求める人は、死んだ後でも死ぬべき運命を抱え、過去の記憶も未来の知識も持たずに始まりと終わりのある別の人生を生きるだけです。

不死となった人は、確固とした不変の意識の中に上昇して時間に縛られた物事から自分自身を切り離したのであり、興奮や過ぎゆく出来事に影響されることはありません。その人は、己の夢から目醒めたのであり、己の夢は永続する現実などではなく、過ぎゆく幻影であることを知っています。その人は、持続の状態と不死の状態の両方に関する知識を携えた人なのです。

不死となった人は、完全なる健全な状態にあります。


The death of the body can never bestow upon a man immortality.

Spirits are not different from men, and live their little feverish life of broken consciousness, and are still immersed in change and mortality. The mortal man, he who thirsts for the persistence of his pleasure-loving personality, is still mortal after death, and only lives another life with a beginning and an end, without memory of the past or knowledge of the future.

The immortal man is he who has detached himself from the things of time by having ascended into that state of consciousness which is fixed and unvariable, and is not affected by passing events and sensations. He is as one who has awakened out of his dream, and he knows that his dream was not an enduring reality, but a passing illusion. He is a man with knowledge, the knowledge of both states—that of persistence, and that of immortality.

The immortal man is in full possession of himself.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ