Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

1007ilario-piatti-8QPFjfNtNL0-unsplash
人は誰でもマインドの建造者です。

清らかな思考、賢い選択、よく練られた計画というのは、決して崩れることのない丈夫な煉瓦の数々であり、所有者に快適で安全な空間を提供してくれる、申し分のない美しい建物を迅速に打ち建てることを可能にしてくれます。力強く、自信にあふれ、義務感に満ちた思考を奮い起こすこと…大きくて、自由で、足かせのない、利他的な人生に関する思考を呼び起こすことは、頑丈なマインドの寺院を建てるのに役立つ煉瓦を用意することであり、そのような寺院の建造には、古くて不要な思考の習慣が取り壊されて破壊される必要があります。

ーー「より荘厳な館を建てよ、あぁ我が魂よ、季節は移ろいやすいのだから。」

人は皆それぞれが、自分自身の建造者なのです。


Every man is a mind-builder.

Pure thoughts, wisely chosen and well placed, are so many durable bricks which will never crumble away, and from which a finished and beautiful building, and one which affords comfort and shelter for its possessor, can be rapidly erected. Bracing thoughts of strength, of confidence, of duty; inspiring thoughts of a large, free, unfettered, and unselfish life, are useful bricks with which a substantial mind-temple can be raised; and the building of such a temple necessitates that old and useless habits of thought be broken down and destroyed.

"Build thee more stately mansions, O my soul, As the swift seasons roll."

Each man is the builder of himself.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1006architecture-3116009_1280
国家の歴史とは、その国家の行いをもって打ち建てられます。

肉体が細胞からなり立ち、家が煉瓦で建てられるように、人のマインドは思考で構築されています。人々の多様な性格というのは、さまざまに組み合わさった思考が混ざりあっている以外の何ものでもありません。このことに、「人は、その心に思うとおりの者となる」という格言の深い真実を、私たちは見いだすのです。個々の性格とは、各々の思考の固定された展開であり、言いかえれば、性格の重要な部分を占めるようになるまで固定しているため、意志の力による長期的な努力や多くの自己鍛錬でしか変えたり取り除くことはできないのです。性格は、木や家が立つのと同じように築き上げられますーーつまり、新たな材料を絶えずつけ加えるのですが、その材料が思考なのです。

何百万もの煉瓦で街が造られるように、何百万もの思考で性格が、マインドが、構築されます。


The history of a nation is the building of its deeds.

As a body is built of cells, and a house of bricks, so a man’s mind is built of thoughts. The various characters of men are none other than compounds of thoughts of varying combinations. Herein we see the deep truth of the saying, "As a man thinketh in his heart, so is he." Individual characteristics are fixed processes of thought; that is, they are fixed in the sense that they have become an integral part of the character, that they can be only altered or removed by a protracted effort of the will, and by much self-discipline. Character is built in the same way as a tree or a house is built—namely, by the ceaseless addition of new material, and that material is thought.

By the aid of millions of bricks a city is built; by the aid of millions of thoughts a character, a mind, is built.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1005dsc-2959
痛みや深い悲しみ、不幸せ、苦しみは、激情の花を咲かせる木の果実です。

激情に捉われた魂の目には不正義しか映らないところで、激情に打ち勝った善良な人の目には、原因と結果が……「至高の正義」が映ります。その目に不正義を映さなくなった人にとっては、自分自身を不正に扱われる存在であると見做すことが不可能なのです。自分自身を傷つけたり騙さなくなった人は、誰も自分を傷つけたり騙したりできないことを知っています。激情にかられたり無知な誰かがその人に何かを仕掛けることがあったとしても、その人にはどのような苦痛を与えることもできません。なぜならその人は、それが虐待であろうが迫害であろうが自分に起きることは何であれ、かつて自分自身が生じさせたことの結果としてのみ起きていることを知っているからです。それ故に、その人はすべての物事を善き事として捉え、あらゆる物事を喜び、敵を愛し、自分を罵る人々を祝福し、彼らが盲目であったとしても、自分が「偉大な法則」に対して負っている道義的な負債を返済することを可能にしてくれる善意の手の者たちであると見做すのです。

「至高の正義」と「至高の愛」はひとつです。


As a being of thought, your dominant mental attitude wilPain, grief, sorrow, and misery are the fruits of which passion is the flower.

Where the passion-bound soul sees only injustice, the good man, he who has conquered passion, sees cause and effect, sees the Supreme Justice. It is impossible for such a man to regard himself as treated unjustly, because he has ceased to see injustice. He knows that no one can injure or cheat him, having ceased to injure or cheat himself. However passionately or ignorantly men may act towards him, it cannot possibly cause him any pain, for he knows that whatever comes to him (it may be abuse and persecution) can only come as the effect of what he himself has formerly sent out. He therefore regards all things as good, rejoices in all things, loves his enemies, blesses them that curse him, regarding them as the blind but beneficent instruments by which he is enabled to pay his moral debts to the Great Law.

The Supreme Justice and the Supreme Love are one.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ