Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

0727woman-4342930_1280
それが骨董品であろうが人であろうが、偽物に価値はありません。

自分以外の何者かになろうとせず、美徳を装ったり、身分の高さを当然と思ったり、ごまかしを身につけたりすることなく、真実の存在であることがとても大切です。偽善者は、自分が世界や世界を司る永遠の法則の目をごまかすことができると考えていますが、本当は自分自身の目をごまかしているだけであり、その結果、世界の法則による正しい報いを受けることになるのです。とても邪悪な人々は消滅してしまうという古い仮説があります。私は、フリをする人になることが、人が消滅するということに限りなく近いのではないかと思うのですーーなぜなら、フリをすることでその人自身はどこかへ消えてしまい、その人自身の代わりに、見せかけの幻があるだけなのですから。

健全なハートを持つ人は模範となりますーーその人はただの人ではなく、現実であり、力であり、原則のかたなのです。


Spurious things have no value, whether they be bric-a-brac or men.

It is all-important that we be real; that we harbour no wish to appear other than what we are; that we simulate no virtue, assume no excellency, adopt no disguise. The hypocrite thinks he can hoodwink the world and the eternal law of the world. There is but one person that he hoodwinks, and that is himself, and for that the law of the world inflicts its righteous penalty. There is an old theory that the excessively wicked are annihilated. I think to be a pretender is to come as near to annihilation as a man can get, for there is a sense in which a man is gone, and in his place there is but a mirage of shams.

The sound-hearted man becomes an exemplar: he is, more than a man; he is a reality, a force, a moulding principle.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0726pexels-simon-berger-758380
心遣いや親切心から善良な振る舞いをする寛大な人は、どんな素性であれ、常に愛されます。

寛大さにおいて自分自身を完成させた人は、決して口論したりしません。その人は決して厳しい言葉を返さず、そのまま放っておくか、怒りよりも遥かに力強い穏やかな言葉で応じます。寛大さは知恵と結びついていて、その賢明な人は自分自身のすべての怒りに打ち勝っているので、他者の怒りに打ち勝つ術を理解しているのです。寛大な人は、節度のない人々を悩ませる障害や混乱からほぼ免れています。節度のない人々が無駄で不必要な努力で自分たち自身をすり減らしている間、寛大な人は冷静で落ち着いています。そして、そのような冷静さと落ち着きは、人生の戦いに勝利する力なのです。

議論は外皮を分析しますが、思いやりはハートに届きます。


A gentle man—one whose good behaviour is prompted by thoughtfulness and kindliness—is always loved, whatever may be his origin.

The man who has perfected himself in gentleness never quarrels. He never returns the hard word; he leaves it alone, or meets it with a gentle word, which is far more powerful than wrath. Gentleness is wedded to wisdom, and the wise man has overcome all anger in himself, and so understands how to overcome it in others. The gentle man is saved from most of the disturbances and turmoils with which uncontrolled men afflict themselves. While they are wearing themselves out with wasteful and needless strain, he is quiet and composed, and such quietness and composure are strong to win in the battle of life.

Argument analyses the outer skin, but sympathy reaches to the heart.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0725friends-5513319_1280
寛大さは、精神文化の極印です。

強欲、卑屈、羨望、嫉妬、疑いに用心しましょうーーなぜなら、もしこれらが宿ってしまったら、人生の良きものすべて……そう、良き性格や幸福だけでなく、良き所有物に至るまで、すべてを奪われてしまうからです。偏見のないハートと寛大な手を差し伸べ、度量が大きくて人を信頼し、自分の財産をことあるごとに喜んで人に分け与えるだけでなく、友人や仲間が自由に考え行動することを許す人であってくださいーーそうすれば、栄誉や繁栄、成功が、友人や客として迎えてほしいと扉を叩きに来るでしょう。

寛大さは、神聖さと同類なのです。


Gentleness is the hall-mark of spiritual culture.

Let a man beware of greed, of meanness, of envy, of jealousy, of suspicion, for these things, if harboured, will rob him of all that is best in life, aye, even all that is best in material things, as well as all that is best in character and happiness. Let him be liberal of heart and generous of hand, magnanimous and trusting, not only giving cheerfully and often of his substance, but allowing his friends and fellow-men freedom of thought and action—let him be thus, and honour, plenty, and prosperity will come knocking at his door for admittance as his friends and guests.

Gentleness is akin to divinity.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ